盛夏の朝回り in 神奈川

暑い。日差しが強い。気温が下がらない…
去年の猛暑に引き続き、今年も高温注意報の連続
梅雨も明け、8月に入って夏真っ盛り 子どもたちは夏休み真っ盛り 大人たちは納涼真っ盛り

毎晩のように熱帯夜 寝つきはよくない… 冷房のタイマーが切れて、日が上ってにわかに明るくなると目が覚める。

5時40分am  目ざめる。 近場のポイントでの朝採集のチャンス。
躊躇なく出発の準備を始める。
 
【持物】財布、ケータイ、デジカメ(記録用)、虫よけスプレー、プラケース(虫入れ用)、水筒、ムヒ(虫さされに)
 
【服装】Gパン、長そでシャツ(虫さされやヤブ対策)
 久しぶりにもかかわらず、われながら手慣れたもので、短時間で準備完了
 
 ポイントは徒歩10分もすれば到着。急斜面をのぼる。

日時:2019年8月8日(木)6時10分
場所:神奈川中西部 HiR 南口

ポイントに到着して坂道を登る。
臭う  
樹液だ・・・
この辺で採集したことはないのだが、この臭いは気になる。
クワガタもきっと嗅ぎつけているはず
辺りを見回すと、やや奥に怪しげな樹が。
藪をかき分け、崖をのぼってアクセス。
やはり樹液。
そしてコクワ (3匹ほど)
ポロポロっと落ちて行き、1匹だけ確保。(コクワ♂)

さらに数m進むとまたわずかだが樹液
カブト♀がお約束のように吸い付いている。 確保。

さすが盛夏。今年は梅雨が長く、樹液も盛んに出ている。

しばらく進む。

ここには以前、なかなかのボコり具合の樹があったのだが、伐採されていた
これまでこの樹では、コクワだけでなく、ノコ、カブトの採集記録もあった。
IMG_6583.JPG
残念…

さらにしばらく進むと、このポイントのメインの樹に到着。
あまり類を見ない様相の表面
IMG_6585.JPG
どうしてこんな樹肌になったのか…😞

まずはコクワ1匹
IMG_6584.JPG

あとは見回したところ、クワガタの存在は認められない・・・
キックにかける。 久しぶりのキック
ボトッ、ボトッ、ボトッ・・・
3匹は落ちた
目の前に大きめのノコ♀
少し先にノコ♂
もう一匹は 
二匹の捕獲に精一杯で、もう一匹はあきらめた
やっぱりこの樹にはいる。

さらにしばらく進むと、樹液がしたたるそれなりの樹が。
IMG_6586.JPG
でも、いない

さらに進むと、耳元でブーンと危険な音がする
攻撃してくるわけでもなく、地面に落ちた
異種が二匹一緒に墜落。
IMG_6588.JPG
どっちがどっちを獲物にしたのか
どっちも恐ろしい

そしてすぐ近くの地面にコクワ
IMG_6589.JPG

さらに進む。
藪のわきを通り過ぎようとすると、クモの巣大きめの黒い虫がぶら下がって死んでいる
IMG_6595.JPG
よく見ると、ノコ♀
さすが盛夏。ノコ♀でさえもクモの巣に引っかかる

セミの抜け殻。
IMG_6596.JPG


カナブンが付いてる樹
IMG_6597.JPG

それなりにボコった樹(カナブンつき)
IMG_6598.JPG

それなりボコった樹 その2
IMG_6599.JPG

樹皮の隙間には…
IMG_6602.JPG
コクワのおしり (♂)

雰囲気のある樹
IMG_6604.JPG
左下の洞の中を覗くと、大型のカマドウマがたくさん
よく見ると、ミヤマカミキリがその中で一匹、静かに息をひそめていた。
オオクワもこんなところにいるのだろうか…

枝張りのよい樹
IMG_6607.JPG

さて、ルートを変えて、帰路につく。
はじめてのルート。
やたらクモの巣が多い。
まだ、誰も来ていない証拠。
だんだんクモの巣が身体に当たるのも気にならなくなる

根元で樹液が染み出る。
IMG_6610.JPG

があった・・・
IMG_6611.JPG

樹皮の隙間に、クワガタのお尻
IMG_6612.JPG

捕獲すると、ダニまみれのコクワ♂
IMG_6613.JPG


ヒグラシ 飛ぶときに鳴かないので多分♀。
IMG_6615.JPG

そろそろこのコースもおしまい。

パッと見、よさげな雰囲気
IMG_6617.JPG

ポイントから出ると、セミも平野的に

桜の木に付くミンミンゼミ
IMG_6619.JPG

アブラゼミ
IMG_6620.JPG


≪本日の採集結果≫
IMG_6621.JPG
カブト  ♂ 0   ♀1
コクワ  ♂ 5   ♀2
ノコ   ♂ 1   ♀1   (ノコ♂ 大歯)

空になっていた虫ケースに入れる。
入れた途端、早速潜り込むクワガタやカブトたち
IMG_6622.JPG

≪採集を終えて≫
早朝、思い立った出発でその場で準備をはじめたが、持ち物すべてが今朝の採集に必要なものだった。
以前からこのポイントは、コクワ、ノコ、カブトのみと知っていた。
メインの樹のキック採集でノコのペアをとることができ、面目を保つ。
新ルートにて樹液の出ている樹を発見するも、コクワ♂1匹と、クワガタの生息数が少ないことをあらためて確認。
あまり採集を重ねると生息数を脅かすことにもなりかねない。
途中、トラップが仕掛けてあるのを確認したが、いつのものだか分からず、採集者は少ないようだ。
このポイントに本気で採集に来る人はわずかだろう。
近場にポイントがあるのは有難いが、環境を維持しつつ、新たなポイントを開拓し、採集の幅を広げたい。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント